料理の品格

料理の作り方とポイントをご紹介します。



Top | RSS | Admin

スポンサーサイト | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】   | Top↑




ぬたに見る盛り付けの必然性 | 日本料理
前回のぬた、いけなかったのは器のチョイスである。
ゲソとワケギとウドを盛り分けることに問題はない。
そして、そこに芥子酢味噌をかけることにも問題はない。
だが、平たい皿に盛りつけてあるのがいけないのである。

供出時にきれいに盛られていても、食べるときには混ぜる。
平たい皿では、混ぜる作業がスムースにできないではないか。
器の選び方は、まず実用を第一に考えなければならないのだ。

もう一つ、まずい盛り付けの例を置いておこう。

和えてから盛る

和えておいたものを盛るのはいいが、中身が多過ぎて品を欠く。
余白の美というものがまったくなく、「ペットの餌状態」である。
もう少し量を減らして、こんもり中高に盛りつけるといい。

ゲソをホタルイカにして、ウドを抜いたぬた。

適切な量

この量なら、小鉢の中でグリグリ混ぜることも可能である。
そして、こういう量に盛ると、自然と余白も生まれてくる。
前回の皿、今回の二つの鉢、三つの器を使ってみた。
器の値段だけで言えばこの鉢が一番安いのであるが、
料理の盛り付け如何では器も映えて見えるものなのである。
逆に、器とのバランスを欠く盛り付けは、料理も器も殺す。
「家庭だから適当でもいい」などということはあり得ない。
見苦しいものは、誰の目にも見苦しく映るものなのである。
【2010/05/05 14:45】   トラックバック(1) | コメント(0) | Top↑




<<バターライス | Top | ぬた>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shinzahyper.blog20.fc2.com/tb.php/70-02f577da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-
管理人の承認後に表示されます【2013/07/03 21:12】
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。